ホーム ヘルプ Powered by msearch
HP内検索  
 58件ヒットしました. 41件目から50件目を表示します. 検索にかかった時間0.01秒 
[前へ] |  [1] [2] [3] [4] [5] [6]  | [次へ]

41. 春日井クロスカントリー2004
http://nori42195.com/running/20040808kasugai/index.html
め後半はバテバテ。東海自然歩道沿いにヤブランが少し咲いていたので写真を撮りたかったがそんな余裕は無し。残り2キロを過ぎてから、夏のトレーニング不足や体調不良時のウルトラマラソンによく起きる手足のしびれが出. . .

42. たじみ健康マラソン&ウォーク2004
http://nori42195.com/running/20041205tajimi/index.html
ン&ウォーク大会」は最近(たしか昨年から)ランニング雑誌にも大会案内を載せるようになったためか、年々参加者が増えているそうである。しかし、まだ市内在住者を対象にした大会と言われてもは否めない感がした。多治見. . .

43. 豊田マラソン2005
http://nori42195.com/running/20050306toyota/index.html
開通記念イベントの1つである。高速道路をランニングできる機会なんて開通の時のみなので、これは良い機会と参加することにした。会場は鞍ヶ池PA。鞍ヶ池公園と行き来できるようになっており、コンビニや展望台まであっ. . .

44. 国東半島100kmマラソン2005
http://nori42195.com/running/20050925kunisaki/index.html
いので、19時を過ぎてゴールする者はヘッドランプなどを持っていったほうが安全である。 【スタート】 九州に就職して初のウルトラマラソンである。湯布院を観光して前日入りする。当日朝に出走申請をして開会式。朝早く. . .

45. 大村湾一周ウルトラマラニック(160km)2006
http://nori42195.com/running/20060212oomurawan/index.html
のコースを走っているので、彼杵宿に入るとランナーの数も少なく、大会として参加している意識がなくなっていく。それでも一人の選手と一緒になり、共走を楽しませていただいた。神社が彼杵宿本陣跡(御茶屋跡)となってい. . .

46. 山口100萩往還マラニック(70km)2006
http://nori42195.com/running/20060504hagi/index.html
てきてしんどい。釿切峠手前の自動販売機にランナーが群がっている。時間と共に体調も回復してきて、佐々並市では豆腐を食べようという気力が出ていた。おいしい豆腐なので一気にほうばろうという気分だったが胃が受け付. . .

47. 三瀬村ざっといかんばい林道マラソン2006
http://nori42195.com/running/20061015mitsuse/index.html
ど、アットホームな雰囲気の大会である。ボランティアとして中学生や高校生が多い大会は多いが、本大会のように大学生が多いのは珍しいかもしれない。アップダウンが激しく、日本屈指の難コースである。ナンバーカード通. . .

48. 国際青島太平洋マラソン2006
http://nori42195.com/running/20061210aoshima/index.html
るとは数年前まで想像もしていなかったが、ランナー達は全国の大会に参加しているのであまり珍しい話でもない。スタートラインに向かうが、今年は第20回記念大会のためか参加者が昨年よりも多く、長蛇の列となっていた。. . .

49. 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100km)2007
http://nori42195.com/running/20070602asokarudera/index.html
て国道325号線を横断すると、団子状だったランナーたちも少しばらけた感が出た。霧が晴れてきて阿蘇山の姿が見えてきてテンションが上がってゆく。「こどもひなんの家」と書かれた民家を何軒も見て久木野支所のエイドに. . .

50. 行橋〜別府100キロウォーク(100km)2007
http://nori42195.com/running/20071006yukuhashi-beppu/index.html
トラマラソン同様、本番でもシューズ界最高ランクのクッション性を誇るウェーブクリエーションを履くつもりだが、ウォーキングにはシューズの底が柔らかすぎるのかもしれない。クッション性が高すぎると、砂場の上を埋も. . .

[前へ] |  [1] [2] [3] [4] [5] [6]  | [次へ]