<春日井ジョギング大会2002>

春日井ジョギング大会

【大会概要】

日時:2002年12月08日 距離:4km 会場:愛知県春日井市
主催:菊里クラブ 天気:曇り 総合順位:?/10人位
タイム:24分47秒 テーマ:故障明け膝の様子見

【隣町へ】

会場風景 岩下さんに紹介していただき、春日井市陸上競技協会主催の大会に参加する。会場は分かりにくい所だったが、菊里クラブのHPに載っていたので迷うことなく行けた。駐車場の有無が分からなかったので勝川駅まで電車で行き、そこから15分ほど歩く。
参加費は300円。ゼッケンなどは無く、かなり自由の雰囲気である。

【アップ】

みんなで、ラジオ体操とストレッチをした後、西津公園の周りを2周する。キロ7分くらいのペースなのにはやくも膝が痛い。いびがわ、河口湖で無理したしっぺがえしがきているのだ。ま、4キロ程度なら大丈夫だろう。

【快適コース】

コースは王子製紙工場の周りを回る。今回は1周なので4キロである。信号もなく、快適なコースである。時折王子製紙の庭から木の香りが漂ってきて気持ちよくなる。さすがは製紙工場、良い木を使っておる(って関係ないか)。静かなコースで気に入った。

【走友会の皆さん】

走友会の人たちが大勢いたが、皆さん足の筋肉が見事で大変刺激を受けた。走っているから勝手に筋肉がつくということでもないだろう。すごいものだ。
正規スタート前から3時間走として既に走っている方も2名いた。そのうち一人は名古屋テレビのアナウンサー大川さんで綺麗な方だった。サブスリーを狙っているとのことで黙々と走っていらっしゃった。

【クーリングダウン】

走友会の人たちはゴール後も軽く走っている。これがまた刺激を受けた。やはりクーリングダウンは大事である。小生も誘われたが、膝が痛かったし、もともとクーリングダウンの速度で走っているので問題ないだろう(^^;)

【総評】


Copyright© 2002 プリンスNORI , All rights reserved.