<ランニンググッズ>

ランニング(マラソン・ジョギング)グッズ紹介

【ランニングの服装】

軽くて動きやすい服を着ましょう。素材の基本は科学繊維です。ランニング(専用)Tシャツは汗を吸収しやすく、かつ蒸発しやすいので快適です。汗でシャツが体に張りつくこともありません。ちなみに値段は半袖で2800円、長袖で3800円くらいです。
ランニングシャツの素材はほとんどポリエステル100%ですが、メーカーの工夫により肌触りは商品によって全く異なります。
もちろん初めは普段着の綿100%Tシャツで良いです。気軽にランニングを楽しみましょう。

【ナイトラン】

ランナーが車と接触する事故が毎年発生しています。せっかくのトレーニング、ダイエットも交通事故に遭ったら元も子もありません。特に夜間に走る方は反射材入りのウェアを着たり、反射たすきやをかけたり、白い服を着たり、自光式セイフティライトを着用したりして、存在をアピールしてほしいものです。
小生の場合、夜10時ころ走ることが多いので、自転車売り場で探し出したLED高輝度ランプを体の前と後ろにつけて走っています。点灯・点滅・回転・波状点灯の4機能を備えていて、なかなか飽きません。これは単4電池2個で動き、値段は一つ980円でした。2000円程度で事故が防げるのなら安いものです。
小生は名古屋駅高島屋の東急ハンズで安全グッズを探しましたが、ランニング用のセイフティライトは一種類しかありませんでした。『ランナーズ』の通信販売でも買うことができます。
反射材も良いですが、やはり自光セイフティライトが一番安全ですね。なお、自転車の世界では自光式ライトを使用する場合、前が黄色、後ろが赤色と決まっているそうです。
ランニングブランド「フランクショーター」さんは反射材入りのベストや帽子やらたくさん出しているのでよくお世話になってます。警察でも反射材グッズを売っているそうです。

左から点滅ミニライト(ランナーズ通販700円)、自転車用点滅ライト(980円)、点滅ミニライト(100円ショップダイソー100円)。ミニライトは機能が同じでも値段が結構違うみたいです。ちなみに登山ショップで見つけた同じ型のミニライトは450円でした。後日詳しく調べた結果、点滅の速度が値段と比例していました。 セーフティライト

【ランニングバッグ】

小生は帰宅ランやマラニックをすることが多いのでランニングバックは非常に重宝しています。普通のデイバックと違い、ランニングバックは縦揺れ、横揺れなどを最小限に抑えるように工夫してあります。
ランナーズのLSDバック(8000円)とフランクショーターのミニリュック(5900円?)を使っています。背中の密着感ではフランクショーターのミニリュックに勝るものは無いと思われますが、上記の商品は両方とも満足しています。ランナーズのバックは外に小物入れやボトルポケットが無いという点、値段が高いという点などで改良の余地ありありですが(^^;)
最近はアウトドアのブランド、たとえば「JackWolfskin」、「」などもマラニックバックを発売しています。持っていない人はぜひ一度試してください。

ランナーズLSDバッグ フランクショーターミニリュック

【ウエストポーチ】

小生は使うのが苦手ですが、皆さんウエストポーチもよく利用されているようです。メーカーによって様々な型があるので楽しいものです。例えばボトルポケットに関して、ランナーズは縦、フランクショーターは斜め、カッパは真横の袋になっています(2002年現在)。
小生はどうしてもウエストポーチを身に付けて走ると、ポーチがバウンドしてお尻にガンガン当たってしまうので、使い方を練習中デス。
右はランナーズウルトラポーチ4800円
ランナーズウルトラボトルポーチ

【ランニングシューズ】

はじめは運動靴ならどんなもので走っても良いと思いますが、慣れてきたら自分の足にあったランニングシューズが欲しくなります。
大型スポーツ店たとえば「アルペン」から地元の小さいお店まで、スポーツ店に行くとランニングシューズのコーナーが必ずあります。目的に応じてたくさんの商品が並んでいるので、目的と足にあったものを選びましょう。
大きな街に行けば必ずランニング専門店があります。関東だと「R&D」、「OGボックス」、名古屋だと「ザ・ジョグコジマ」、近畿だと「京都キャロット」などが有名です。専門店ならば詳しいスタッフがいるので安心です。
小生は練習も大会でも常に重いトレーニング用シューズで走っています。お気に入りはミズノ「ウェーブクリエーション」(14000円)、アシックス「ゲルカヤノ」(14000円)です。地面からの衝撃を吸収するということは、自分の地面を蹴る力も吸収してしまうことになるので、脚力のある人は軽くて底の薄いシューズを選ばれると良いでしょう。 アシックス「ゲルカヤノ8」

【トレイルランニングシューズ】

登山道を走るために開発されたシューズもあり、「トレイルランニングシューズ」と呼ばれています。ランニングメーカーだけでなく、アウトドアのメーカーも(例えばサロモン)商品を出しています。ナイキはゴアテックスのシューズまで出しています。小生はアシックスの「ゲルフジ」とニューバランスの「703」を使用したことがありますが、東海自然歩道のような遊歩道ならば普通のシューズで良いのではないかと考えています。

【ハーフパンツ】

ハーフパンツは品数が少なくて選ぶのに苦労しました。小生はズボンにポケットがついているものが欲しいのですが、ランニングメーカーの商品では見たことがありません。速い人はランパンと呼ばれる本格的な短パンを履くので、ハーフパンツはあまり売れないのかも!???
右の写真はナイキ。品番「L111874」3800円。
ナイキ「L111874」

【ディクトンスポーツ】

ウルトラマラソンや雨の日のフルマラソンに必要不可欠なのが「ディクトンスポーツ」(公式HP)。長時間走ると股や乳首がウェアと擦れて痛くなります。また雨の日はウェアが体に張り付いた状態となりウェアとの摩擦が大きくなります。そんなときにディクトンスポーツを刷り込む(「塗る」というよりも「すりこむ」という意識が大事)と皮膚が保護され、見事にトラブルを防ぐことができます。 ディクトンスポーツ

【お値打ち商品】

スポーツ全般に言えることですが、同じシューズでも毎年モデルが変わります。すなわち同じ性能で外見だけが毎年変わるのです。店の方からすればモデルが古いものよりも新しいものを置かなければならないので、古いタイプの商品は3割引〜半額になります。これは買いです。ランニングシャツやハーフパンツはデザインが変わりようがないことも多々あり、値段は年中変わらないこともありますが、シューズに関して必ず新しいモデルが出て旧タイプは安くなるので狙いです。


Copyright© 2004 プリンスNORI , All rights reserved.